=LEGION-JAPAN 水俣大会=開催決定


本部昨年2017年6月25日に旗揚げを行った「MMA & KICKBOXING LEGION in 鹿児島 2017」は去年の大成功に引き続き、第2回目の興業「MMA & KICKBOXING LEGION JAPAN Vol.2 水俣大会」を、今年5月13日に水俣市総合体育館小アリーナ (熊本島県水俣市)で行います。

「LEGION JAPAN」は、競技格闘技としてMMA(総合格闘技)とキックボクシングを中心に行い、九州から日本を代表するレベルの選手を育成を目的とし、世界の舞台で戦えるトップファイターを生み出すことを目的の主軸とします。


第2回興行概要

MMA & KICKBOXING LEGION JAPAN Vol.2 水俣大会
日時:2018年5月13日(日)開場12:00 試合開始12:30
会場:水俣市総合体育館小アリーナ
チケット料金(税込):SRS席/10,000円、RS席/8,000円、指定席/6,000円、立見/4,000円 (指定席はすべて売り切れました。立見席のみの販売になります)
※当日販売500円アップ。 ※未就学児童は、立見のみ無料。
チケット販売所:福永道場、参加各ジム各選手
お問合せTEL:LEGION JAPAN実行委員会本部(福永道場) 0966-45-9970
公式ウェブサイト:http://legion-japan.win

=LEGION-JAPAN 水俣大会=

LEGION-JAPANはキック・MMA・ブラジリアン柔術と水俣の地でレベルの高い競技が行われます。

◎ハイブリットレスリング鹿児島との連携強化

2018年5月13日にLEGION-JAPAN水俣大会に向け、パンクラス認可ジム「ハイブリッドレスリング鹿児島」(以下、HW鹿児島)との連携を強化し、今後の交流も含め南九州での大会時における相互強化を確認。今大会よりHW鹿児島を通じ、パンクラス審判員を招聘、試合ルールも南九州では初めてとなるユニファイトルール(パンクラスルール)を採用し試合環境を整え。南九州での健全で協議制の高い大会運営の確立を目標に掲げつつパンクラスなどの日本のトップリングを目指す。尚、今大会ではパンクラス公式戦2試合も予定。
今後は互いに年1~2回程度の大会を協力開催。HW鹿児島が計画するパンクラス大会やJMMAF大会にも協力を予定。南九州のMMA発展に一層の連携を図る。

◎レフェリー陣決定

審判団構成が決定。日本のトップレフェリーがMMA本線、パンクラス公式戦を含め大会を捌く!招へいするレフェリー陣は下記の通り。

・太田純一
パンクラスゲート2009ライト級プロ昇格トーナメント優勝。2012年プロファイターを引退後、パンクラス審判団入り。若手注目レフェリー

・芹沢健一
元和術慧舟會RJW CENTRAL所属でプロファイターとしても活躍。引退後、パンクラス審判団、その他数々のMMAやキックの大会でレフェリーを務める

・ミスター小菅
パンクラス審判団員キャリアは最長の20年超え。ベテランレフェリー、ミスター小菅来熊!!

◎注目のパンクラス公式戦2試合が決定

パンクラス公式戦 ライト級 3分3ROUND
西方清信(フリー)VS 金田一考介(K-PLACE)
昨年オロシティーホールでパンクラシスト丸山一馬との試合を制した西方が今回はプロシューターを迎え撃つ注目の一戦
パンクラス公式戦 フライ級 3分×3ROUND
松尾剛(HW鹿児島)VS PREY(アレックスオカベ)(TS-GYM)
地元での公式戦に気合十分の松尾剛。柔道会の教え子の声援を背にいざ出陣!PLAY戦に挑む。

◎ヒサト引退。相手はDEEPフューチャーキング!ANIMAL☆KOJI

レギオン本線ルール(パンクラスルール)ミドル級戦
ヒサト(KOコンバット)VS ANIMAL☆KOJI(TS-GYM)
武人杯、格闘技選手権、ネオファイト。数々の大会で活躍したヒサトが今大会で引退。引退試合に選んだ相手はなんと今年のDEEPフューチヤーキングトーナメントで優勝したANIMAL☆KOJI!。ANIMALはアメリカのUFCファイターを始め世界を舞台に戦うファイターが集まっているジムに1か月間武者修行をし牙を磨いて本試合に臨む。決して楽な相手を選ばない「武人」ヒサト、最後のリング。

◎安村有彦引退、キックルールでブラジリアンファイターと戦う

安村有彦(TEAM RYURA)VS ホネル・マツダ(TS-GYM)
選手にデビューがあれば、引退がある。「戦うという言葉は常に自分にしか使えない」格闘技が好きで戦う安村有彦。「観客を入れる試合は好きだけではいけない。お客を楽しませる強さやパフォーマンスが大事」そう考え試合に臨むホネル・マツダ」。両者相いれない格闘技哲学が、試合前から激突しホネルは安村をKOすると言い放ち、安村は必ず倒しにヘビー級キックルールで相手を倒すまで殴り合うと宣言。重量級の熱い乱打戦が予想される

他の対戦カードは後日詳細を発表します